医療保険(知識)

医療保険って必要?

こんにちは!家計改善ナビゲーターのFP末永です!(^O^)/

あなたは医療保険は不要!という話はよく聞かれているんじゃないでしょうか?

スポンサードリンク

「ちまたでは、よくそういう話を耳にするけど、本当のところどうなんだろう・・・?」

と疑心暗鬼になっていると思います。


私の見解はどうかというと、基本的に民間の医療保険自体、加入しなくていいと思っています。

実際、私自身は現在民間の医療保険には加入していません。

医療関係の保険はガン保険のみ加入しています。


しかも、そのガン保険も24年前に加入し、年払いしていますので非常に少額です。


このブログの【初めての方へ 】を見て頂いた方は、私が医療保険に加入していないというのは驚きでしょう。


その当時、つまり4年前は加入していましたし、FPではなかったので何にも考えずにただ

「医療保険に加入していれば安心!」

「加入していることで、とりあえず一家の大黒柱としての責務は果たしている」

と思い込んでいました。

 

現実は・・・何にも役に立ちませんでした。

父の病の時もそうです。

 

焼け石に水とはこのことか・・・と思えるような、今までの掛け金総額と給付される入院給付金とのギャップ。

さらに、介護施設への入所ということで、民間の医療保険からは介護施設でかかる費用は保障されないですよね?

確かに、医療保険として機能を果たしてくれることはもちろんあります!

それはケースバイケースで、一概に「絶対に必要ない!」とは言い切れない部分はあります。

しかし、そこは確率の問題なんですよ

確率の低いところに掛け捨てでどれだけの金額を毎月投入していくかは、個人個人がしっかりと検討し、プランニングしなければ、賭け事と同じことをやっているに過ぎません。

あなたの価値観、あなたのご家族・ご主人の価値観に沿って真剣に検討しなければ、望んでいるお金の運用方法からかけ離れたことを長年に渡ってやり続けることになります。

この民間の医療保険に関しては、短文では簡単に説明出来ませんのでシリーズ化してさまざまな考え方・知識・情報をお伝えしたいと思います。

今後、その内容をお伝えするにはロジカル(論理的)に、そして私の経験則での話も踏まえてお伝えしていきますので、よかったら参考にされて下さいね。